台北弾丸③ (1日目 夜の九フンツアー編)

ディンタイフォンでの昼食後、「東門」から地下鉄で「台北101/世貿」へ移動。台北のランドマーク的存在の台北101を見学しつつ、ぶらぶら「市政府」駅まで歩いて、地下鉄に乗って「松江南京」に戻ります。

画像

台北の中心地は「中山」~「台北」。今回、行っていないので何ともですが、東京で云うなら銀座四丁目~東京駅って感じらしい。対して「台北101」界隈は、新都心的なイメージ。新宿かな?



台北101
地下鉄の駅から地上に出るとドォーンとそびえております。

画像





中も少し見てみましたが、ブランドショップも多数。
平日のせいかスカスカでしたが。

画像





外に出て「市政府」駅に向け、ぶらぶら。
ディオールのクリスマスツリー。

画像





全身タトゥーって感じのタイガー君です。こんな人いたら怖い。

画像





引きで台北101を仰ぎ見る。
光の加減もあるのですが、さほど遠くない距離でも霞んで見えるのです。どうも、午後になると中国大陸からのスモッグの影響があるのではと思われます。

画像





微風(Breeze)信義店。2016年にできたショッピングモール。本当はココで財布を買う予定でしたが、羽田の免税で買ったのでパス。この辺りはデパートだらけで、三越(新光三越)も何館もあります。

画像

この下が「市政府」駅。地下鉄に乗り「忠孝新生」で乗り換え「松江南京」に戻る。ホテルにチェックインして一休み。




16:10 今回のツアーにパックされた九份観光のお迎えバスがやって来た。九份は、市街地から約50分程の距離。
ちなみに九份から南西に下った十分は、よくテレビでやっている提灯みたいなのを夜空に上げるヤツ。これが台北の二大観光名所。

画像





「千と千尋の神隠し」の世界に飛び込んでしまったかのような街と言われる九份に到着。兎に角、人・人・人で大混雑です。写真には人の顔しか映らない。

画像





自由散策。
一間(1.8m)幅ぐらいの急な階段の両脇にノスタルジーなお店が建ち並びますが、上りも下りも人が詰まって進みません。

画像


画像


画像





花文字のお店が一軒あります。
行きのバスの中でガイドさんが文字の希望(名前)を聞いて、この先生にメールで送り、ツアーの最後に受け取れるって段取り。お父っちゃんも頼みましたが、普通に買いに行ったら人混みで辿り着けないかも。

画像





「九戸茶語」での夕食付。
一緒のツアーバスの人達とで何組かに別れて円卓を囲む。団体様用料理って感じがしないでもないけど、なかなか美味しかったですよぉ~

画像





この後、市街地まで戻り、士林夜市で現地解散となります。
21時過ぎぐらいだったかな?同乗者はみんな夜市に向かいました。

画像

お父っちゃんはもう、おねむタイムなので
得意の地下鉄でホテルに帰りましたよぉ~

九份の猫



次回に続く




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • コマダム

    この人出の大半はもしかしたら観光客なのかしら?
    花文字って初めて知りましたが縁起がいいものなんですか?
    オッねこ発見
    2018年12月07日 21:45
  • はな

    コマダムさん、こんばんは。
    大型バスで乗り付ける観光客ばかりです。
    花文字、縁起イイです。検索してみて下さいねぇ〜
    2018年12月07日 21:56
  • 摩利紫天@analog-ya

    花文字良いなあ
    でも平日でこも様子じゃツアーか予約しとかないと入手不可能ですね
    提灯が上がるのは天灯とか孔明灯とかいうやつですよね
    あれも実際見たらすごく綺麗なんだろうなあ…
    台北101、地震は大丈夫なんだろうかとつい思ってしまうのにゃ~ん
    2018年12月08日 14:49